custom decalsの魅力【デザイン性に優れている】

男性

少ない数から印刷できます

同人誌の印刷をプロの業者に頼むときは数十部という少部数から対応してくれるので、気軽に問い合わせて見ましょう。また印刷方法や部数による値段は各会社によって変わってくるので、理想の予算や印刷品質に合わせて適宜に選びましょう。

詳しく見る

ニュース一覧

CMYK

高級感のあるカード

メンバーカードの印刷というと、チラシなどの紙物と違って「発注の敷居が高い」と感じる人がいるかもしれません。しかし実際はカード台紙や印刷種類を選ぶことでコストを抑えることが可能です。印刷代を公表している業者がほとんどなので、事前に予算にあった業者を選ぶことができるでしょう。

詳しく見る

印刷機

データ入稿ができる

customdecalsを作れる業者では個人と法人の両方が簡単に依頼できるシステムを整えています。自分でデザインできる人はデータ入稿できますし、できない場合でも業者がcustomできるものを提供しています。

詳しく見る

冊子

自分の創作を形に

同人誌の部数というのは、創作を本という形にするときに誰もがまず悩むところです。ここで失敗してしまうと折角の活動も楽しくなくなってしまう恐れがあるので、最初はまわりの人にアドバイスをもらうなどしてやや少なめから売れ行きをみて増やしてゆくのが無難でしょう。

詳しく見る

色見本

お客様の専用カード

ペラペラの紙ではなく、きちんとしたメンバーカードをお店に導入したいのなら印刷業者に任せましょう。イラストや文章を考えて印刷業者に渡せば、それをそのままのデザインで、メンバーズカードとして作成してくれます。

詳しく見る

特徴を理解することで

婦人

個性を楽しめる

customタイプのdecalsによって、車を個性的にすることができます。decalsは絵柄がバラバラである特徴があり、車体との一体感を楽しむことを可能にします。decalsをcustomする時は、色のことを知る必要があります。decalsは多色カラーでは基本的に制作できないです。decalsは単色カラーですが、デザイン性に優れています。customすることで、より個性的なdecalsにすることができます。decalsを車体に貼る時は、台紙から転写シートをはがす必要があります。その後に転写シートを車体に貼り付けて、転写シートを車体からはがします。customタイプのdecalsは大きさも様々で、サイズが小さい時は水なしで上手く貼ることもできます。車体に貼り付ける際には、貼り付け面の脱脂をする必要があります。貼り付ける時は、スキージーを活用すると便利です。スキージーによって、空気を抜くことができます。貼り付ける時の温度は10度から30度くらいが良いとされています。低温すぎても高温ずきでも、粘着力が低下して貼りづらくなります。大き目のdecalsを貼り付ける時は中性洗剤を入れた水を活用すると便利です。貼り付けた後は、余分な水を拭き取ります。水を使用する時は乾燥するのを待つ必要があります。完全に乾いてから、転写シートを慎重に剥がします。剥がした後に少し気泡が残っても、1週間から2週間で無くなります。